Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース

「VMware Tools」にゲストマシン上で権限昇格や情報漏洩が生じるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

Windowsで動作する「Host Guest File System (HGFS)」において域外のメモリを読み込む脆弱性「CVE-2018-6969」が含まれていることが明らかになったもの。

脆弱性の悪用には、ファイルシェアが有効となっている必要があるが、悪用されると情報漏洩が発生したり、ゲストマシン上で権限の昇格が生じるおそれがあるという。重要度は4段階中2番目にあたる「重要(Important)」。

「同10.x」および以前のバージョンに影響があり、同社では「同10.3.0」を提供するという。Windowsにおける仮想マシンごとに同ツールをアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令