Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性

EMCジャパンのID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品の「workflow architectコンポーネント(ACM)」に認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2018-1245}が明らかになったもので、リモートよりアクセスした管理者権限を持たないユーザーによってコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システムCVSS v3のスコアは「9.0」。

またクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-1255」が存在。CVSS v3のスコアは6.1で、悪意あるスクリプトをブラウザ上で実行されるおそれがある。

「同7.1.0」「同7.0.2」「同7.0.1」が影響を受けるとしており、同社では脆弱性を解消した「同7.1.0 P01」「同7.0.2 P07」「同7.0.2 P07」をリリースしている。

(Security NEXT - 2018/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正
トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も