Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IOS XE」のAAAサービスにRCEの脆弱性 - アップデートで対応

Cisco Systemsは、「IOS XE」のAAA処理に脆弱性が存在し、リモートよりコードを実行されるおそれがある深刻な脆弱性が存在するとしてアップデートをリリースした。

20180608_cs_001.jpg
「CVE-2018-0315」が判明した「IOS XE」(画像:Cisco)

「IOS XE」において、「認証」「認可」「アカウンティング」の処理を行う「AAA」セキュリティサービスにおいて、1件の脆弱性「CVE-2018-0315」が明らかとなったもの。重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

ログイン認証時におけるユーザー名の処理に起因するもので、脆弱性を悪用されると、認証なくリモートよりコードを実行したり、サービス拒否を引き起こすことが可能となるという。

同社では脆弱性の判明を受けて、アップデートをリリースするとともに、緩和策についてもアナウンスした。

(Security NEXT - 2018/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
macOSにアップデート、ゼロデイ脆弱性を解消
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因