Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで

LINEは、同社SNSサービス「LINE」のウェブブラウザ版において、他ユーザーのタイムラインが一時的に表示される可能性がある不具合が判明したことを明らかにした。

20180606_li_001.jpg
LINEのウェブブラウザ版

同社によると、ウェブブラウザ版を利用し、アクセスが集中した場合など特定条件下において、タイムライン上に他ユーザーのタイムラインが表示される可能性があったという。

同不具合は、同社が実施しているバグバウンティプログラムで発見、報告され、調査を行っていたところ、5月16日22時ごろに判明した。

原因は、外部CDNサービスの設定ミスで、少なくとも5月14日から5月17日にかけて影響があった。また仕様変更の影響により、2017年2月27日以降に同様の不具合が発生していた可能性もある。影響範囲は、ウェブブラウザ版の利用者における0.01%未満としている。

同社では、すでに修正済みであり、これまでに被害の報告は受けていないと説明。またアプリ版への影響は否定している。

(Security NEXT - 2018/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害