Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応

F5ネットワークスジャパンは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の新製品「Advanced Web Application Firewallソリューション」を提供開始した。

同製品は、脆弱性を狙う攻撃をはじめ、ウェブアプリケーションを脅威より保護するWAFソリューション。「OWASP Top 10」にある脅威の防御や、暗号化通信の検査、ボットを利用した不正クライアントのチェック機能などを備えている。

アプリケーションレイヤーに対するDDoS攻撃や、「REST API」「JSON」「SOAP」など、APIを狙った攻撃の防御に対応。オプションで流出した認証情報を提供し、パスワードリスト攻撃を防御できる。

マルチクラウド環境に対応。買い取りやサブスクリプション、ユーティリティ課金、アプリケーション単位の課金など、複数のライセンス形態で提供するとしている。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始