Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県

神奈川県は、県立体育センターにおいてメールの誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを公表した。

同県によれば、同センターが4月24日に県内のクラブ92団体へ送信した総合型地域スポーツクラブ連絡協議会の開催案内メールにおいて、誤送信が発生したもの。

メールアドレスを宛先に設定し、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。89件が届き、3件はエラーで不着だった。翌25日にメールの受信者から返信があり、問題が判明。89件のうち71件は公開されているメールアドレスだったが、18件は個人のメールアドレスだった。

また職員は、24日にメールを送信した際、戻ってきたエラーメッセージが、同時に92件のメールを送信したことが原因だと思い込み、10件の送信先に対して再度メールを送信。その際にメールアドレスを宛先に設定したことに気付き、あとから送信したメールの対象者には電話で謝罪していたという。

今回の問題を受け、同センターでは関係者に対し謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所