Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、仮想環境に対応したファイル暗号化ソリューション「InterSafe FileProtection Basic」を発売した。

同製品は、指定したフォルダにファイルをドラッグ&ドロップすることで暗号化できるソリューション。契約者ごとに設定されたキーにより、AES128ビット、あるいは256ビットで暗号化する。

復号には専用アプリケーション「InterSafe FP Client」を使用。ファイルをダブルクリックすると、復号化した上で対象のアプリケーションからファイルを開くことが可能。復号の際にネットワーク経由で管理サーバと通信する必要があり、未導入の端末では復号できないとしている。

パスワードを設定したOfficeファイルやPDFファイルの取り扱いにも対応。また暗号化や復号化を行った際のログを記録することができる。価格は1ライセンスあたり9720円から。

(Security NEXT - 2018/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ