Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大

東北工業大学の一部メールアカウントが何者かに乗っ取られ、不特定多数に対して、迷惑メールの送信に悪用されたことがわかった。

同大によれば、教職員のメールアカウント3件に対し不正アクセスがあり、そのうち2件が迷惑メールの踏み台に悪用された。

3月6日から4月16日にかけて、米国やナイジェリアなどのIPアドレス11件を発信元とする不正アクセスを受けたという。

1件のアカウントから約57万件、もう1件のアカウントから約14万件のメールが送信され、送信された迷惑メールは、フィッシングメール、宝くじの当選を装って連絡を求める詐欺メールなど、10種類におよんだ。

(Security NEXT - 2018/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集