Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大

東北工業大学の一部メールアカウントが何者かに乗っ取られ、不特定多数に対して、迷惑メールの送信に悪用されたことがわかった。

同大によれば、教職員のメールアカウント3件に対し不正アクセスがあり、そのうち2件が迷惑メールの踏み台に悪用された。

3月6日から4月16日にかけて、米国やナイジェリアなどのIPアドレス11件を発信元とする不正アクセスを受けたという。

1件のアカウントから約57万件、もう1件のアカウントから約14万件のメールが送信され、送信された迷惑メールは、フィッシングメール、宝くじの当選を装って連絡を求める詐欺メールなど、10種類におよんだ。

(Security NEXT - 2018/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を