Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に、サードパーティ製モジュールに起因するあらたな脆弱性が判明した。深刻な脆弱性「CVE-2018-7600」とは異なるものだという。

20180419_dr_001.jpg

コア部分に含まれるサードパーティ製のJavaScriptライブラリ「CKEditor」に、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかったことから対処したもの。3月末に修正され、影響度も大きく、すでに国内でも攻撃が確認されている脆弱性「CVE-2018-7600」とは異なるものだ。

重要度は、5段階中3番目にあたる「中(Moderately Critical)」にレーティングされている。

開発チームでは、アップデートとして「同8.5.2」を公開。さらにサポートが終了しているバージョンに対して「同8.4.7」をリリースした。

「同7.x」に関しては影響を受けないとしているが、同モジュールやWYSIWYGモジュールの利用など、別途導入している場合は、「CKEditor」のサイトから「同4.9.2」をダウンロードして利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性