Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に、サードパーティ製モジュールに起因するあらたな脆弱性が判明した。深刻な脆弱性「CVE-2018-7600」とは異なるものだという。

20180419_dr_001.jpg

コア部分に含まれるサードパーティ製のJavaScriptライブラリ「CKEditor」に、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかったことから対処したもの。3月末に修正され、影響度も大きく、すでに国内でも攻撃が確認されている脆弱性「CVE-2018-7600」とは異なるものだ。

重要度は、5段階中3番目にあたる「中(Moderately Critical)」にレーティングされている。

開発チームでは、アップデートとして「同8.5.2」を公開。さらにサポートが終了しているバージョンに対して「同8.4.7」をリリースした。

「同7.x」に関しては影響を受けないとしているが、同モジュールやWYSIWYGモジュールの利用など、別途導入している場合は、「CKEditor」のサイトから「同4.9.2」をダウンロードして利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正