Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を

コンテンツマネジメントシステム「Drupal」の深刻な脆弱性「CVE-2018-7600」に対する攻撃が発生している問題で、国内でも脆弱性を悪用する攻撃が観測されていることがわかった。

問題の「CVE-2018-7600」は、影響の大きさから別名「Drupalgeddon 2.0」とも呼ばれている脆弱性。3月28日に公開されたセキュリティアップデート「同8.5.1」「同7.58」で修正されたほか、サポートが終了したバージョンに対しても、「同 8.4.6」「同8.3.9」がリリースされている。

公開当初より悪用への警戒が呼びかけられていたが、GitHub上に実証コード(PoC)が公開された4月12日を境に状況が大きく変化。同脆弱性を利用して、バックドアやコインマイナーをダウンロードさせる攻撃が確認されている。

国内では、JPCERTコーディネーションセンターが4月16日の時点で、同センターにおける観測システムでは探索行為の検知にとどまり、攻撃そのものは確認していないことを明らかにしているが、警察庁では4月14日より攻撃を観測しており、その後増加傾向にあるという。

(Security NEXT - 2018/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正