Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正

マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新を公開した。「Adobe Flash Player」の脆弱性を除き、CVEベースで65件の脆弱性を解消している。

20180411_ms_001.jpg
アップデート情報を確認できるマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

今回のアップデートでは、「Windows」や「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「ChakraCore」「Office」および「Microsoft Office Services」などの脆弱性に対処。

さらに「Visual Studio」「Azure IoT SDK」など開発環境に関する脆弱性のほか、同日公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性に対しても、アップデートを実施している。

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」が22件、次いで深刻度が高い「重要」が42件。さらに1段階低い「警告」が1件だった。これら脆弱性に関して、いずれも悪用は確認されていないが、「CVE-2018-1034」に関してはすでに公開されている。

(Security NEXT - 2018/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施