Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を

4月も中旬を迎え、ほどなくゴールデンウィークを迎える。組織によっては9連休と長期にわたる場合もあるだろう。

例年、セキュリティ機関より注意喚起が行われており、そろそろ発表される時期。2018年も早めにセキュリティ対策の事前準備を進めておきたいところだ。

長期休暇の時期においては、システム管理者が不在となる場合も多い。そのような状況だと、インシデントの発見や対応が遅れ、被害の拡大を招くこともある。

そのような事情を見越し、対応が手薄になりがちな休暇時期をあえて狙ったと見られるサイバー攻撃もこれまでに確認されている。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始