Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催

20180402_sc_001.jpg

SECCON実行委員会とSecHack365は、コラボレーションイベント「SECHACKCON2018(セチャコン2018)」を、4月15日に都内で開催する。

同イベントは、国内最大規模のセキュリティコンテスト「SECCON」と、2017年度よりスタートした若手セキュリティ研究者の育成プログラム「SecHack365」のコラボレーションにより実現したもの。

イベントでは、SECCONにおいて過去に出題された問題に、SecHack365の修了生が挑戦する特別セッションを企画。さらにセキュリティ技術が体験できるワークショップや縁日など、大人から子どもまで楽しめる催しを用意している。

またSecHack365の取り組みを紹介するポスター掲示やデモ展示も行う予定。会場は、秋葉原UDX内のAKIBA_SQUARE。事前登録など詳細はSECCONのサイトから。

(Security NEXT - 2018/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏