Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、クラウド型セキュリティ対策サービス「InterSafe GatewayConnection」にマルウェア対策サービスを追加し、3月14日より提供開始する。

同ソリューションは、外部に対する不正な通信を遮断する「サイバー攻撃対策サービス」と、「ウェブフィルタリングサービス」を提供するクラウドサービス。あらたにマルウェア対策サービスをオプションとして追加した。

同オプションサービスでは、インターネットからダウンロードするファイルをトレンドマイクロのエンジンを用いてチェックし、マルウェアを検知、遮断することができる。

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加