Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化

仮想通貨取引所のZaifを運営するテックビューロは、2月16日に行われたBitcoinの一部取引について、システム上の不具合が原因だったとし、無効とした。

同社によれば、2月16日17時過ぎから18時にかけて仮想通貨をゼロ円で売り出したもの。7人の顧客が購入したという。

またこれら取引で購入された仮想通貨をあらたに売却する取り引きで、日本円によるBitcoin取引の気配値に異常な数値が表示される事態となった

同社は今回の取り引きについて、同社サービス「簡単売買」の価格計算システムにおける不具合が原因と説明。取引を訂正し、利用者の残高を修正したとしている。

(Security NEXT - 2018/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃