Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を

富士ソフトのモバイル無線LANルータ「FS010W」に2件の脆弱性が含まれていることが判明した。緩和策が案内されている。

同製品のファームウェアが「バージョン1.3.0」および以前のバージョンに、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-0519」やクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2018-0520」が含まれていることが判明したもの。

同脆弱性は、小林学氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

アップデータは用意されておらず、デフォルトパスワードの変更や、設定ツール利用時に他サイトを閲覧せず、操作終了後にウェブブラウザを終了するなど、緩和策の実施が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2018/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性