Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響

iOS向けに提供されているSNSアプリ「LINE」の一部バージョンにおいて中間者攻撃が可能となる脆弱性が含まれていることが判明した。2017年11月に修正版がリリース済みだという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同7.15」から「同7.1.3」にSSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2018-0518」が存在するもの。サードパーティ製SDKに明らかとなった脆弱性の影響を受けたという。

脆弱性の影響を受けるおそれがあるのは、アプリ内で表示されるサービスや、外部サービス利用時におけるアカウント情報を含む通信。LINEのログイン情報、テキストによるトーク、無料通話、ビデオ通話などは影響を受けないとしている。

同脆弱性は、LINEが周知を目的にJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を実施した。同社では脆弱性を修正した「同7.16」を11月24日にリリース済みだという。

(Security NEXT - 2018/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応