Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応

エンカレッジ・テクノロジは、クライアント端末の管理者アカウントを一元管理する「ESS AdminControl for Client」を提供開始した。

同製品は、クライアント端末における管理者アカウントを集中管理できるソリューション。パスワードを、ランダムな文字列を用いて定期的に変更するほか、利用者からの申請に基づいてワンタイムパスワードを発行できる。また、端末からログイン履歴を収集。不正なアクセスの有無など、管理者アカウントに関するレポートを提供する。

ライセンス価格は、管理サーバ1台、クライアントPC500台の場合で246万6000円。年間の保守費用はライセンス価格の20%となる。

(Security NEXT - 2018/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も