Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中

マイクロソフトにおいて、セキュリティ情報を提供するメール配信サービスが停止している。パッチの公開情報なども届かないため注意が必要だ。

同社によると、1月19日より同社のメール配信システムで障害が発生しているもので、「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」を発信できない状態になっているという。

同社では、同サービスを通じて「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで発信している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」を2月13日に迎えており、同社では月例パッチを公開したほか、2月7日にも定例外パッチを提供しているが、これら新着情報なども発信できない状態となっている。更新情報などは、セキュリティ更新プログラムガイドなどより確認する必要がある。

同社では配信システムが復旧次第、案内を再開したいとしている。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
健康食品扱う複数通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性