Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中

マイクロソフトにおいて、セキュリティ情報を提供するメール配信サービスが停止している。パッチの公開情報なども届かないため注意が必要だ。

同社によると、1月19日より同社のメール配信システムで障害が発生しているもので、「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」を発信できない状態になっているという。

同社では、同サービスを通じて「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで発信している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」を2月13日に迎えており、同社では月例パッチを公開したほか、2月7日にも定例外パッチを提供しているが、これら新着情報なども発信できない状態となっている。更新情報などは、セキュリティ更新プログラムガイドなどより確認する必要がある。

同社では配信システムが復旧次第、案内を再開したいとしている。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大量アクセスで障害、一部プレスリリースが未送信に - PR TIMES
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区