Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中

マイクロソフトにおいて、セキュリティ情報を提供するメール配信サービスが停止している。パッチの公開情報なども届かないため注意が必要だ。

同社によると、1月19日より同社のメール配信システムで障害が発生しているもので、「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」を発信できない状態になっているという。

同社では、同サービスを通じて「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで発信している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」を2月13日に迎えており、同社では月例パッチを公開したほか、2月7日にも定例外パッチを提供しているが、これら新着情報なども発信できない状態となっている。更新情報などは、セキュリティ更新プログラムガイドなどより確認する必要がある。

同社では配信システムが復旧次第、案内を再開したいとしている。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自動車部品メーカーのNOKにサイバー攻撃 - 被害状況など調査
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号化された鍵」特定されて侵入
個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ