Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社ゲートウェイ製品の管理アプライアンス「Smart-1シリーズ」にハイエンドモデル3機種を追加した。

同製品は、同社のセキュリティゲートウェイ製品を一元管理し、ポリシーやログを監視できるアプライアンス。今回、ハイエンドモデルとして「同5150」「同5050」「同525」の3製品を追加した。

フラッグシップモデルとなる「同5150」では、24コアを備え、最大48Tバイトの管理用ストレージを搭載することが可能。最大5000台のゲートウェイ製品を管理することができ、1日あたり470Gバイトのログを処理できる。

また1秒あたり最大10万件のログを処理し、マルチドメイン環境では1秒間に最大4万件のログをインデックス化できるという。

(Security NEXT - 2018/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス