Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング

NTTドコモのウェブサービス利用者を狙ったフィッシングメールが確認されている。「不正ログインが発生」「端末がウイルスに感染」といった文言で不安を煽り、偽サイトに誘導していた。

同社によれば、問題のメールは、利用しているアカウントが第三者に不正ログインされた可能性があるため、パスワードをリセットしたなどと説明。引き続き利用する場合はパスワードの再設定が必要などとだます内容だった。

さらに端末がウイルスに感染している可能性があるなどとメール受信者の不安を煽り、同社サービス「dアカウント」のログイン画面を装ったフィッシングサイトに誘導。IDとパスワードの窃取を試みる。

また今回のフィッシング攻撃では。「security1-docomo」「security-docomo」といった文字列を含むドメインを悪用。正規サービスの関連サイトに見せかけようとしていた。

20180207_nd_001.jpg
フィッシングメールの内容(画像:NTTドコモ)

(Security NEXT - 2018/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意