Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

54%の企業が2017年にランサムウェア攻撃を経験 - 平均損害額は13万ドル

企業の24%が2017年にランサムウェアの攻撃を経験しており、攻撃1件あたりの平均損害額は13万3000ドルだった。

英Sophosが調査を行い、結果を取りまとめたもの。同調査は、日本、米国、カナダ、メキシコ、フランス、ドイツ、イギリス、オーストラリア、インド、南アフリカの従業員が100人から5000人規模の企業を対象に実施。IT関連の意思決定者2700人以上が回答した。

調査対象企業の54%が2017年の1年間にランサムウェアによる攻撃を受けており、1年で平均2回の攻撃を受けた。

データ復号化で要求された身代金や、攻撃によるダウンタイム、復旧のための人件費、デバイス費用、ネットワーク費用、機会損失など、1件のランサムウェア攻撃による平均損害額は13万3000ドル。また5%の企業では、平均額の10倍以上にあたる130万ドルから660万ドルの損失があったという。

(Security NEXT - 2018/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を