Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

54%の企業が2017年にランサムウェア攻撃を経験 - 平均損害額は13万ドル

企業の24%が2017年にランサムウェアの攻撃を経験しており、攻撃1件あたりの平均損害額は13万3000ドルだった。

英Sophosが調査を行い、結果を取りまとめたもの。同調査は、日本、米国、カナダ、メキシコ、フランス、ドイツ、イギリス、オーストラリア、インド、南アフリカの従業員が100人から5000人規模の企業を対象に実施。IT関連の意思決定者2700人以上が回答した。

調査対象企業の54%が2017年の1年間にランサムウェアによる攻撃を受けており、1年で平均2回の攻撃を受けた。

データ復号化で要求された身代金や、攻撃によるダウンタイム、復旧のための人件費、デバイス費用、ネットワーク費用、機会損失など、1件のランサムウェア攻撃による平均損害額は13万3000ドル。また5%の企業では、平均額の10倍以上にあたる130万ドルから660万ドルの損失があったという。

(Security NEXT - 2018/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ