Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 58.0.1」がリリース、コード実行の脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、セキュリティアップデートとなる「Firefox 58.0.1」をリリースし、脆弱性を修正した。

同団体では、1月23日に「Firefox 58」をリリース。解放後のメモリへアクセスする「Use-after-free」の脆弱性「CVE-2018-5091」を解消。

さらにメモリ保護に関する「CVE-2018-5089」や「CVE-2018-5090」など、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性3件を含むあわせて32件の脆弱性を修正していたが、今回さらにマイナーアップデートを実施し、あらたな脆弱性に対処した。

具体的には、ブラウザのサニタイズを行わないユーザーインターフェースを通じてコード実行が可能となる脆弱性に対応したもので、重要度は「クリティカル(Critical)」にレーティングされている。

(Security NEXT - 2018/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消