Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 58.0.1」がリリース、コード実行の脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、セキュリティアップデートとなる「Firefox 58.0.1」をリリースし、脆弱性を修正した。

同団体では、1月23日に「Firefox 58」をリリース。解放後のメモリへアクセスする「Use-after-free」の脆弱性「CVE-2018-5091」を解消。

さらにメモリ保護に関する「CVE-2018-5089」や「CVE-2018-5090」など、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性3件を含むあわせて32件の脆弱性を修正していたが、今回さらにマイナーアップデートを実施し、あらたな脆弱性に対処した。

具体的には、ブラウザのサニタイズを行わないユーザーインターフェースを通じてコード実行が可能となる脆弱性に対応したもので、重要度は「クリティカル(Critical)」にレーティングされている。

(Security NEXT - 2018/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性