Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ

ランサムウェアの増加につながったおもな要因は、Android端末の画面をロックするランサムウェア。エクスプロイトキットやダークウェブで展開されるブラックマーケットなどが増加を後押ししているという。

20180123_ma_002.jpg
新種ランサムウェアの推移(グラフ:マカフィー)

また同四半期は、「Locky」の新しい亜種である「Lukitus」の活動が確認されている。

登場から24時間で2300万件以上のスパムを介して拡散されたという。

同社のクラウド基盤で同四半期にブロックした不正なファイルは、1日あたり4000万件で、前四半期の3600万件を上回った。一方、不審なプログラムのブロック件数は1日あたり4500万件で、前四半期の7700万件から大幅に減少した。

ブロックしたURLにおいて、危険度「高」とされるURLは1日あたり5600万件。前四半期の4100万件から増加。一方、ブロックした危険なIPアドレスは1日あたり4800万件で、前四半期の5800万件を下回っている。

(Security NEXT - 2018/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

初期侵入から平均62分で横展開を開始 - わずか2分のケースも
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
先週注目された記事(2024年3月17日〜2024年3月23日)
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
悪意あるファイル、1日あたり約41万件 - 前年比3%増
マルウェアによるアカウント情報の窃取 - 2割強の企業で
3Qのセキュ相談、前四半期比約27%減 - 「不正ログイン」は過去最多