Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい

Android向けに提供されている「Uberアプリ」の利用者を狙った不正アプリが出回っている。アカウント情報の詐取を狙っており、被害を気が付かせないソーシャルエンジニアリングを用いていた。

Symantecによれば、問題のアプリは正規の「Uberアプリ」のユーザーインターフェースを偽装。アカウント情報を入力させて詐取し、警告表示で犯行に気が付かれないよう、正規アプリの画面でユーザーの現在位置を表示していた。

現在位置を表示させる手法として、正規のアプリで「配車リクエスト」の動作を開始させるURIを悪用。乗車地点に現在位置が自動で入力される性質を利用していたという。

また問題のアプリには、正規画面へオーバーレイ表示させることでクレジットカード情報を詐取する機能なども備えていた。

(Security NEXT - 2018/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?