Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か

不正アクセスなどで流出し、ブラックマーケットで取り引きされているウェブサイトの「アカウント情報」。流出が表沙汰になった情報を直接悪用することは難しいが、攻撃者はパスワードの使い回しを行っているユーザーを狙い、利益を得ているという。

EMCジャパンが、闇市場において取り引きされる企業やサービスから流出したアカウント情報の価格相場を調査、分析したもの。含まれる個人情報によって価格は異なるが、同調査から分野ごとの傾向なども明らかになったという。

なかでも高値で取り引きされていたのは金融分野で、銀行口座は3ドルから24ドルの価格が付いていた。金融サービスは7ドルから10.5ドルで、クレジットカードは3ドルから5ドル、オンライン送金サービスは0.5ドルから15.5ドルと幅が広い。

ソーシャルネットワークやウェブサービスを見ると、ソーシャルメディアサイトは3ドル。メールアカウントは1ドルから3ドルで、メッセージは1ドルから5ドル。

同分野においてもっとも高額だったのは、プロフィールなども登録されていたデートサイトでもっとも高い場合で10ドルにのぼった。ソーシャルエンジニアリングに悪用できることから、高値で取り引きされていると見られている。

(Security NEXT - 2017/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少