Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン

ビジネスホテルを展開する京急イーエックスインは、宿泊予約者の個人情報を含む業務連絡のメールを誤って顧客へ送信するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、11月30日11時半過ぎ、京急EXイン蒲田が本部宛てに送信した業務連絡メールにおいて、誤送信が発生したもの。受信した顧客からの連絡で問題が判明した。

送信したメールには、旅行代理店6社から送信された宿泊予約確認書を誤って添付。宿泊予約者44人分の氏名や電話番号、人数、到着日と出発日、宿泊日数、料金などが含まれていた。

同社では、誤送信先に連絡してメールの削除を依頼。対象となった顧客には、電話による謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
メルマガに他人の氏名、送信データの編集ミスで - 日和ホテルズ&リゾーツ
顧客情報約21万件含む旧サーバが所在不明 - 都内ホテル
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
ホテル会員の個人情報をメールで誤送信 - リゾートトラスト
ラブホテル検索サービスに不正アクセス - PW流出か