Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止

東京都千代田区の区立図書館のウェブサイトが、1カ月にわたり利用できない状態が続いている。

同区によれば、区立図書館のウェブサイトにおいて、11月7日19時ごろ異常が発生。翌8日に公開を停止し、以降原因について調査を進めているが、時間を要しているという。

同サイトを通じた蔵書検索や利用状況の確認、資料予約、ウェブ図書館、イベントや会議室などの申し込みなどができない状態。図書館は通常とおり開館しており、窓口による貸し出しや返却、予約などは対応している。

また異常が発生した11月7日19時から、サイトを停止した翌8日17時までの間に同サイトへアクセスし、パソコンに問題が生じた場合は、同図書館まで連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず