Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に

経済産業省は、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を改訂した。復旧対策や情報共有について、あらたに盛り込んだほか、インシデント発生時に整理すべきポイントなども示している。

20171116_me_001.jpg
サイバーセキュリティ経営ガイドライン

同ガイドラインは、ITを活用する企業の経営者を対象に、経営者が認識すべきセキュリティの原則や、取り組むべき対策などを示したガイドライン。

サイバー攻撃が企業経営へ与える影響が大きくなっているとして2015年12月に公開。翌2016年12月には、改訂版となる「同1.1」を公開しているが、それから約1年を経て「同2.0」とメジャーバージョンアップを実施した。

従来よりセキュリティを経営課題として捉え、経営者のリーダシップのもと、リスクを把握し、十分なリソースを投入することなど求めており、これまでもCSIRT(Computer Security Incident Response Team)の設置を促すなど事後も含めた経営の重要性をうたってきたが、今回の改訂では、サイバー攻撃の巧妙化により、発覚が遅れて被害が拡大するケースも見られることから、復旧についても盛り込むなどより踏み込んだ内容となった。

(Security NEXT - 2017/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
アプリのセキュ要件やテスト項目まとめた「OWASP ASVS 4.0」の日本語訳
プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加
医療システム事業者向けに安全管理ガイドラインが決定
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減