Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、中小企業向けにいわゆるサイバーリスクへ対応する損害保険を共同開発した。2018年1月1日以降を始期として引き受けを開始する。

中小企業向けにあらかじめ設定したプランより選択する新商品を共同で開発したもので、三井住友海上では「サイバープロテクター」、あいおいニッセイでは「サイバーセキュリティ保険」として展開していく。

プランは3種類を用意し、補償範囲がもっとも広い充実プランでは、サイバー攻撃によって発生する対応費用や対策費用の補償を強化。個人情報保護委員会など公的な調査へ対応する際の法律相談やコンサルタント費用などをあらたにカバーした。

情報漏洩やマルウェア感染、風評被害などの拡大防止費用、情報システムの復旧費用やデータの修復費用、再発防止に要する費用も補償。海外で損害賠償請求を受けた場合にも対応する。

さらに、インターリスク総研による関連サービスを提供。情報セキュリティ診断サービスや標的型メール訓練サービス、管理職向けの標的型メール攻撃対策セミナーや研修など、企業のセキュリティレベルを向上させるサービスを提供する。

(Security NEXT - 2017/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
ネット広告詐欺の損害を補償する保険