Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドの統合管理製品に9件の脆弱性 - パッチ適用を

トレンドマイクロのセキュリティ管理製品「Trend Micro Control Manager 6.0」に、複数の脆弱性が含まれているとして注意喚起が行われている。

同製品には、リモートよりデータベースを操作されるおそれがあるSQLインジェクションの脆弱性や、XML外部実体参照処理(XXE)の脆弱性、サーバ上のファイルが参照される脆弱性など、あわせて9件の脆弱性が存在するもの。

同社では、これら脆弱性を修正するパッチ「Service Pack 3 Patch 2 Critical Patch(ビルド3600)」をリリースしている。

同社では同脆弱性について、すでに7月よりアナウンスを行っており、利用者へ注意を呼びかけているが、周知のためにJPCERTコーディネーションセンターへ報告。JVNを通じて注意が呼びかけられている。

同パッチで修正される脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-11383
CVE-2017-11384
CVE-2017-11385
CVE-2017-11386
CVE-2017-11387
CVE-2017-11388
CVE-2017-11389
CVE-2017-11390
CVE-2017-11391

(Security NEXT - 2017/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ
Zohoの複数ネットワーク監視製品にRCE脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す
Google、複数の脆弱性を修正した「Chrome 105.0.5195.125」など公開
日立のディスクアレイ用ソフトに深刻な脆弱性 - アップデートをリリース