Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドの統合管理製品に9件の脆弱性 - パッチ適用を

トレンドマイクロのセキュリティ管理製品「Trend Micro Control Manager 6.0」に、複数の脆弱性が含まれているとして注意喚起が行われている。

同製品には、リモートよりデータベースを操作されるおそれがあるSQLインジェクションの脆弱性や、XML外部実体参照処理(XXE)の脆弱性、サーバ上のファイルが参照される脆弱性など、あわせて9件の脆弱性が存在するもの。

同社では、これら脆弱性を修正するパッチ「Service Pack 3 Patch 2 Critical Patch(ビルド3600)」をリリースしている。

同社では同脆弱性について、すでに7月よりアナウンスを行っており、利用者へ注意を呼びかけているが、周知のためにJPCERTコーディネーションセンターへ報告。JVNを通じて注意が呼びかけられている。

同パッチで修正される脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-11383
CVE-2017-11384
CVE-2017-11385
CVE-2017-11386
CVE-2017-11387
CVE-2017-11388
CVE-2017-11389
CVE-2017-11390
CVE-2017-11391

(Security NEXT - 2017/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks