Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増

「自己伝染機能」「潜伏機能」「発病機能」のいずれも持たず、「ウイルス」の定義にあてはまらない「不正プログラム」の検出数は141万525件で、34万85件だった前四半期の4倍超へと拡大している。

もっとも多く検出されたのは「Downloader」で、前四半期の31.6倍となる103万6864件。全体の73.5%を占める。次に多かったのは「Ransom」で、前四半期よりやや後退したものの、21万2654件が検出されており、依然として高い水準を維持している。

マルウェアの検出経路では、メールの添付ファイル経由が139万3526件で全体の98.6%と大半を占めた。前四半期は「WannaCrypt」の影響でネットワーク経由の検出が多数を占めたが、状況が一変している。

20171024_ip_001.jpg
経路別のウイルスおよび不正プログラム検出数(グラフ:IPA)

 

(Security NEXT - 2017/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率