Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、S&Jのインシデント対応サービスを提供開始

マクニカネットワークスは、セキュリティインシデントの対応を支援するサービス「Mpression Incident Handling Service」を提供開始した。

同サービスは、企業や団体、政府機関においてインシデントが発生した際、同社が受け付け窓口となり、S&Jがインシデント対応を支援するもの。相談の電話は、24時間体制で受け付けるが、回答時間などは個別に決定するとしている。

具体的なインシデント対応や対策の実施、調査については有償となるが、電話による初回の問い合わせについては、暫定的な対応方法に限り、無償で対応。インシデント対応後におけるセキュリティ対策の提案なども行うとしている。

(Security NEXT - 2017/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

チャットで応対する月額制セキュリティ相談サービス
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII