Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正

Oracleは、同社の定例アップデートである「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、「Java SE」に関する脆弱性22件を解消した。

今回のアップデートは、CVEベースで22件の脆弱性に対処しており、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてスコアが「7.0」以上で「緊急」または「重要」とされる脆弱性は4件。これらのうち、20件については認証なしでリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性だという。

脆弱性により異なるが「同9」「同8 Update 144」「同7 Update 151」「同6 Update 161」「Java Advanced Management Console: 2.7」および以前のバージョンが影響を受ける。

同社では、脆弱性へ対処した「同9.0.1」「同8 Update 151」をリリース。アップデートを実施するよう呼びかけている。また脆弱性の修正にくわえ、バグへ対応した「同8 Update 152」についてもあわせてリリースされている。

(Security NEXT - 2017/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表