Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモックのIT管理製品「AssetView」に複数の脆弱性

ハンモックが提供するIT管理製品「AssetView」「AssetView PLATINUM」に、暗号モジュールの実装に起因する脆弱性2件が含まれていることがわかった。

同社や脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、これら製品には暗号鍵をハードコードしている脆弱性「CVE-2017-10866」が存在。暗号鍵の悪用により、リモートコントロール機能を利用している端末が不正に操作されるおそれがある。

さらにクライアント上で入力値を適切に検査しない脆弱性「CVE-2017-10867」が含まれており、サーバ送信前のログデータを改ざんすることで、サーバ上で不正なSQL文を実行することが可能。情報が窃取されたり、データベースを破壊されるおそれがある。

同脆弱性は、リクルートテクノロジーズの西村宗晃氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターが調整を実施した。

ハンモックでは、脆弱性を修正した「AssetView 9.3.0」へアップデートするか、修正パッチ「AssetView 暗号モジュール Hotfix」を適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も