Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も

同社によると、9月には、ランサムウェア「Locky」の亜種を拡散することを目的としたスパム攻撃が確認されており、同社では中旬に6回の集中的な攻撃を観測している。同亜種は、感染すると拡張子が「.ykcol」へ変更されるという。

同社が扱ったメールに占めるスパムの割合は55%で、前月の55.3%からほぼ横ばい。2016年の平均値である54.3%をやや上回っている。

フィッシングの比率は2644件に1件で、2493件に1件だった前月からわずかに上昇した。

(Security NEXT - 2017/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」