Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Scalaの「JWT」に署名の検証処理を回避できる脆弱性

Scalaにおける「JSON Web Token(JWT)」の実装において、署名の検証処理が回避される脆弱性が判明した。

「jwt-scala」において、ヘッダの処理に問題があり、トークンにおける署名を検証せず、署名がないトークンを署名済みのトークンとして処理する脆弱性「CVE-2017-10862」が含まれるという。

同脆弱性は、リクルートテクノロジーズの杉山俊春氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を実施し、「Github」のリポジトリでは修正されたという。

(Security NEXT - 2017/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ