Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Scalaの「JWT」に署名の検証処理を回避できる脆弱性

Scalaにおける「JSON Web Token(JWT)」の実装において、署名の検証処理が回避される脆弱性が判明した。

「jwt-scala」において、ヘッダの処理に問題があり、トークンにおける署名を検証せず、署名がないトークンを署名済みのトークンとして処理する脆弱性「CVE-2017-10862」が含まれるという。

同脆弱性は、リクルートテクノロジーズの杉山俊春氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を実施し、「Github」のリポジトリでは修正されたという。

(Security NEXT - 2017/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新