Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学級に関するノートが所在不明 - 大阪市

大阪市は、小学校の教員が特別支援学級に在籍する児童の個人情報含む資料を紛失したことを公表した。

同市によれば、9月9日に児童の個人情報を記入したノートが見当たらないことが判明したもの。9月7日に打ち合わせで教諭がノートを使用したが、その後の所在がわからないという。

紛失したノートには、特別支援学級に在籍する児童33人の氏名や保護者氏名、住所、電話番号、生年月日、学年とクラスなどが記載されていた。

そのほか、保護者と面談した際のメモや、特別支援学級担当者との打ち合わせの記録なども含まれる。

今回の問題を受け、同校では対象となる児童の自宅を訪問。保護者に事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2017/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
学費振替情報を無関係79校に誤送信 - かながわ信金
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市