Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学級に関するノートが所在不明 - 大阪市

大阪市は、小学校の教員が特別支援学級に在籍する児童の個人情報含む資料を紛失したことを公表した。

同市によれば、9月9日に児童の個人情報を記入したノートが見当たらないことが判明したもの。9月7日に打ち合わせで教諭がノートを使用したが、その後の所在がわからないという。

紛失したノートには、特別支援学級に在籍する児童33人の氏名や保護者氏名、住所、電話番号、生年月日、学年とクラスなどが記載されていた。

そのほか、保護者と面談した際のメモや、特別支援学級担当者との打ち合わせの記録なども含まれる。

今回の問題を受け、同校では対象となる児童の自宅を訪問。保護者に事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2017/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市