Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起

ウェブアプリケーションフレームワークの「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性が判明したことを受け、セキュリティ関連機関では対応を呼びかけた。脆弱性を悪用するコードも出回っているという。

20170906_ip_001.jpg
脆弱性の概要(図:IPA)

今回明らかとなった「CVE-2017-9805」は、「RESTプラグイン」利用時に「XML」を処理した際、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性。重要度は「クリティカル(Critical)」にレーティングされている。

情報処理推進機構(IPA)によれば、すでに脆弱性を悪用するコードが公開されており、実際に動作することを確認したとしている。

同脆弱性は、「同2.5」以降に影響があり、開発チームでは脆弱性へ対処した「Apache Struts 2.5.13」を公開した。同アップデートでは、同脆弱性のほか、2件の脆弱性を解消している。

また今回の脆弱性に関し、すでにサポートが終了している「Apache Struts 1」への影響はわかっていない。

(Security NEXT - 2017/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応