Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援

NTT西日本は、ICT環境における多層防御や運用監視など、一元的にセキュリティ対策を支援するサービスを順次提供開始する。

「Bizひかりクラウド セキュリティ」では、基幹業務とインターネット環境を分離する「エンドポイント対策」をはじめ、UTMなど活用する「ゲートウェイ対策」、24時間体制の機器監視を提供する「運用監視」などのメニューを提供。遠隔監視だけでなく、オンサイト対応も可能となっている。

また汎用的なセキュリティ対策サービスをパッケージ化した「セキュリティおまかせプラン」を用意。同社では、約200カ所のサポート拠点や、約400人のセキュリティ人材を活用。サービスを展開していくという。

(Security NEXT - 2017/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版