Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援

NTT西日本は、ICT環境における多層防御や運用監視など、一元的にセキュリティ対策を支援するサービスを順次提供開始する。

「Bizひかりクラウド セキュリティ」では、基幹業務とインターネット環境を分離する「エンドポイント対策」をはじめ、UTMなど活用する「ゲートウェイ対策」、24時間体制の機器監視を提供する「運用監視」などのメニューを提供。遠隔監視だけでなく、オンサイト対応も可能となっている。

また汎用的なセキュリティ対策サービスをパッケージ化した「セキュリティおまかせプラン」を用意。同社では、約200カ所のサポート拠点や、約400人のセキュリティ人材を活用。サービスを展開していくという。

(Security NEXT - 2017/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業