Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出

ジェネシス・イーシーが提供するECサイトの構築運営サービスが不正アクセスを受け、同システムを利用した複数サイトにおいて、セキュリティコードを含むクレジットカード情報が外部へ流出したことがわかった。

「Genesis-EC」は、オンラインショップの構築や運営機能を提供しているASPサービス。同社によれば、3月23日から5月18日にかけて同サービスを利用する18社の通信販売サイトにおいて、クレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報が外部へ流出したという。

最大9458件のクレジットカード情報で、カード番号や有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。一部クレジットカードでは、すでに不正利用の被害が確認されている。

同社では、5月9日に同システムを導入しているサイトの運営者や決済代行会社から、情報流出の可能性について指摘を受け、5月18日に決裁を停止。外部事業者による調査を行っていた。

(Security NEXT - 2017/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ