Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に

デジタルアーツは、法人向けファイル暗号化ソリューション「FinalCode」の新版を、8月29日より提供開始する。

同製品は、ファイルを暗号化するとともに、利用状況を追跡し、リモートで権限の変更やファイルの消去などを可能にするソリューション。

新版となる「同5.3」では、「セキュアコンテナ」機能によるフォルダ単位の暗号化に対応。ファイルを並行して開いたり、フォルダ内のファイルが連携可能となった。

また暗号化ファイルへ「タグ情報」を付与できるほか、「AutoCAD」「Illustrator」「Photoshop」のファイル形式をあらたにサポートしている。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ