Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、セキュリティアプライアンス「Firebox Mシリーズ」の新モデル「M670」「M570」「M470」「M370」を発表した。

20170823_wg_001.jpg
「M670」

同シリーズは、マルウェア対策やファイアウォール、IPS、スパム対策、プロキシー、VPN、DLPなどの機能を利用できるUTM。

「M670」「M570」「M470」では、HTTPSによるウェブトラフィックの処理に最適化した。

このうち最上位モデルとなる「M670」では、ファイアウォール利用時の最大スループットを34Gbps、すべてのスキャンを有効にした場合の愛大スループットを5.4Gbpsとしている。

また拡張スロットを用意しており、ネットワークモジュールの追加によるポートの増設へ対応した。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point