Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス

日本IBMは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)サービス「IBM Cognitive SOC」に、マルチベンダーに対応するセキュリティ監視サービス「Intelligent Security Monitoring(ISM)」とログ管理サービス「Intelligent Log Management(ILM)」を追加した。

「ISM」では、ネットワーク機器やエンドポイントより収集したログから同社SIEMソリューション「IBM Security QRadar」で攻撃を抽出。フルタイムで監視し、分析するサービス。ログの取得元であるIPSなど、マルチベンダー環境をサポートした。月額料金は62万4348円から。

一方、「ILM」は、ログ管理に特化したサービス。セキュリティ監査へ対応できるよう、各種ログをクラウドに保管し、閲覧できる環境を提供する。月額料金は19万9908円から。

(Security NEXT - 2017/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
リスク評価と必要なSIEMルール設計をパッケージで
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業