Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

真庭市のサーバに不正アクセス - 「OpenSSL」の脆弱性が標的に

岡山県真庭市は、業務で使用しているサーバが、不正アクセスを受けたことを公表した。業務への影響や情報流出は否定している。

同市によれば、8月19日6時ごろ、DNSサーバやメールサーバとして公開されているサーバが不正アクセスを受けたもの。

21日8時半ごろ、鳥取・岡山自治体セキュリティクラウド監視センターから通知があり、被害へ気が付いた。インストールされていた「OpenSSL」に脆弱性が存在し、不正アクセスを受けたという。

同市では脆弱性を解消するとともに、ウェブサーバなど不要なサービスを停止。ファイアウォールで同サーバに対するhttps通信について拒否するよう設定した。

今回の不正アクセスによるネットワークの支障は発生しておらず、業務への影響はないと説明。サーバ内に個人情報は保存されておらず、情報漏洩の可能性についても否定している。

(Security NEXT - 2017/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛
個人情報流出で脅迫、VPN経由で侵入か - 武州製薬
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず