Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本

九州自動車道の一部インターチェンジに設置された情報板において、実際は生じていない緊急情報が誤って表示されていたことがわかった。

西日本高速道路(NEXCO西日本)によれば、NEXCO西日本九州支社が8月15日18時半過ぎ、九州自動車道の西都IC、宮崎西IC、清武ICに設置された情報板へ誤った情報を表示したもの。

「ミサイル落下情報通行止」を16分間、「ミサイル発射情報あり」を4分間にわたって表示した。

同社では誤表示の原因について、人為的ミスと説明。情報板への新規項目の登録や表示に関する試験調整を行っていた際に発生したという。

今後は再発防止に向けて、試験調整実施時の作業手順を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2017/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M
LINEギフトで「ほしいものリスト」を友だち以外に誤配信
メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ