Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」のキャッシュ処理などに脆弱性 - 既存のアップデートで対応済み

6月末から7月はじめにリリースされた「Apache Tomcat」のアップデートで、複数の脆弱性が修正されていたことがわかった。

「CorsFilter」においてキャッシュへ適切にVaryヘッダー情報を追加せず、異なるキャッシュ情報を参照するおそれがある脆弱性「CVE-2017-7674」や、「HTTP/2」の実装に問題があり、認証を回避されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-7675」が判明したもの。

「CVE-2017-7674」に関しては、Apache Software Foundationが6月末にリリースした「同9.0.0.M22」「同8.5.16」や7月1日にリリースした「同8.0.45」「同7.0.79」にて対処済みだという。

また「CVE-2017-7675」については、「同9.0.0.M22」「同8.5.16」にて修正されている。

(Security NEXT - 2017/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正