Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売

ディアイティは、ネットワークの状況をリアルタイムで可視化する新技術を搭載したネットワーク管理ソリューション「Omnipliance Ultraシリーズ」とスタンドアロン型の「Savvius Spotlightアプライアンス」を、10月1日より提供開始する。

これら製品では、米Savviusの技術「Savvius Spotlight」を搭載。ネットワークのトランザクションを集約、解析することで、遅延、ネットワーク品質、利用状況、飽和状況の4要素から、ネットワークパフォーマンスの低下をリアルタイムに検知することができる。

「Omnipliance Ultraシリーズ」では、同技術をパケットキャプチャ、レコード機能を持つ「Omnipliance」を一体化した。必要に応じて問題となっているパケットの詳細情報まで解析できる。またSavvius Spotlightアプライアンスは、従来のOmniplianceシリーズと組みあわせることで、同様の機能を利用できる。

(Security NEXT - 2017/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド