Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、個人情報含む書類の紛失や誤送付など3件の事故について詳細を公表した。

同機構によれば、個人情報に関する事故3件が5月に判明したもの。同月8日には、管理組合の役員10人分の氏名が記載された総会議事録の写しが所在不明になっていることが判明。

同月12日には、顧客5人の氏名と顧客番号含むリストが、送付先の債権回収会社に届いていないことが判明した。これら2件については、ほかの書類と一緒に誤って廃棄した可能性があるという。

また5月2日には、顧客1人の氏名が含まれる調査票を、本来の送付先とは異なる送付先へ誤って送付。誤送付した書類を回収した。いずれも、対象となる顧客や関係者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害