Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、個人情報含む書類の紛失や誤送付など3件の事故について詳細を公表した。

同機構によれば、個人情報に関する事故3件が5月に判明したもの。同月8日には、管理組合の役員10人分の氏名が記載された総会議事録の写しが所在不明になっていることが判明。

同月12日には、顧客5人の氏名と顧客番号含むリストが、送付先の債権回収会社に届いていないことが判明した。これら2件については、ほかの書類と一緒に誤って廃棄した可能性があるという。

また5月2日には、顧客1人の氏名が含まれる調査票を、本来の送付先とは異なる送付先へ誤って送付。誤送付した書類を回収した。いずれも、対象となる顧客や関係者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院