Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人

北海道で病院や老人ホーム、介護施設などを運営する渓仁会は、24件の関連サイトが不正アクセスにより改ざんされたことを明らかにした。閲覧により外部へ誘導される状態だったという。

同医療法人によれば、グループのメインサイトのほか、病院や診療所、老人ホーム、介護施設、ケアセンター、関連企業など関連サイト24件が、6月27日2時過ぎから7月1日10時過ぎまで改ざんされた状態だったという。

期間中に対象サイトを閲覧した場合、外部サイトへ誘導されるおそれがあった。ウェブサイトで利用するコンテンツマネジメントシステム(CMS)の脆弱性を突かれたのが原因だった。

同医療法人では、改ざん被害が確認されていない4サイトを含め、グループの全サイトを一時的に停止。セキュリティ対策を実施したうえで順次再開している。今回の不正アクセスにともなう個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
手芸用品通販サイトに不正アクセス - 社内ネットワーク経由でサイト改ざん
家具やインテリアの通販ショップに不正アクセス
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも